2019年02月20日

バナナ・・・・ネタバレ注意

こんにちは!
まゆまゆです(*^^*)



そういえば、しばらく前に映画見てきました。


『こんな夜更けにバナナかよ』


あなたは映画見る人ですか?



まゆまゆは割と映画館で映画見ます。

最近は2.3か月に1本とかだけど、本当は毎月何本か見たいwww



今回の『バナナ』は、大泉洋さんが主演ってことで観に行ってきました!


まゆまゆは大泉さん大好きです(≧▽≦)


個性があって、彼にしかできない表現や演技に魅了される



素敵な役者さんだと思います(*´▽`*)





今回のお話は実話だったそうで、笑いあり感動ありのお話でした。






一番印象に残ったのはね、実は終わってからなんです。






ストーリーがすべて終わってエンドロールかな?と思ったら、画面に一言






「夢は叶わなかったけど、最後まで夢に向かって全力で生き抜きました」



っていうニュアンスのメッセージが出たんです。





ドキッとしたし、ハッとしました。





まゆまゆ、目標には向かって生きてると思うけど、全力??って。


ドキッとしたってことはまだまだなんだと思います。

今、死んだら後悔すると思う。


もっとやらなきゃって。

もっと早く、もっと力を出して。



ちょっと焦ります。

やり方がわからない(;^ω^)


でも、ひとまずのゴールは決まってて、そこにたどりつくのに絶対的に必要なものはなんだかわかってる。


そう。やっぱり一番必要なのは時間とお金。


一番確実にそれを手にできるのがバイオプ。



だから、ちゃんとレッスンとトレーニングしながらバイオプを安定させるのが一番なんです。


わき目をふらずに、一直線に。


もうすぐそこに、手に届くところに結果は見えているので。


後は自分の判断を磨くのみ。

本当にシステム君は心強い( *´艸`)




そうそう!映画といえば、シティーハンターも公開されてますよね(*^^*)



まゆまゆ、幼いころ大好きだったのであれも観に行きたいと思います♪




あなたは最近何か映画見ましたか?

感想とかあったらコメントしてくれたら嬉しいな~。



コメント欲しかったら炎上するようなこと書いたらいい?(笑)


まぁ、マイペースでいっか(笑)





では、また夜に?





まゆまゆでした~っ(≧▽≦)
posted by まゆまゆ at 11:00| 東京 ☀| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

すごい映画!!

こんばんは!
まゆまゆです(^^)


今日は、久々に映画の話題!


140分ワンカットの映画を観てきました!!

ワンカットですよ、ワンカット!!


どんな映画なんだろうと、ストーリーも何も調べないで、『ワンカット』っていうことだけに興味を惹きつけられて行ってきた!


凄い映画だった!


東京近隣では、渋谷のイメージフォーラムでしか上映していないので、渋谷まで行ってきたんだけどね


観終わって、駅まで歩いて電車に乗って約40分、放心っていうか覚醒っていうか、余韻がずっと残ってた



で、ようやく出てきた感想は「疲れた(笑)」
もちろん、すごくいい意味で!


何か、自分もその場にいるような感じで入り込めたり、時には少し離れた場所から客観視していたり

でも、何だか他人事ではなく集中していられる


ドキドキしたりハラハラしたり、ふっと和んだり♪


エネルギーがあるっていうのかな。


まゆまゆも、あんな映画に参加したい。

「作品の中で俳優が本当に生きる」っていうのがまゆまゆの目指しているところなんだけど、まさにそうだなって。

目標を目の当たりにした感じがして、すごく嬉しかったし、羨ましかった


でも、映画を観て、あんなに自分の心の中に何もない、まっさらになったのは初めての経験だった。

感想がね、出てこないっていうか、思考回路が停止している感じ?


でも、周りの景色はいつもより鮮明に見えているっていうか・・・・・
言葉で表現するのがすごく難しいけど、すごく『新鮮で、良い状態』だった♪♪


また、新たな力をもらった。

世界は広いんだ、と。


世界で勝負できるようになるぞ!!って、改めて感じたまゆまゆなのでした(笑)
posted by まゆまゆ at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

映画

こんばんは!

まゆまゆです(^^)



今日はバイトが終わって、大好きなアニメの映画を観てきました~っ♪♪


あ、アニメとか見ない方もいるかな(^^)



『名探偵コナン』と『ワンピース』



まゆまゆの大好きなアニメ2作品です(^^)



この2本は、劇場版が公開されるとほぼほぼ、映画館へ足を運びます♪



まぁ、今日は映画の話じゃないんですけどね(^^;



バイトが終わって、映画の時間まで1時間くらいあったので、お昼ご飯を食べようと映画館のある歌舞伎町へ向かったわけですよ。



最初の目的のお店は、お昼の営業をしていなかった(T-T



残念!!



まぁ、そんなこともあるか、と思いながら銀だこがあることを思い出し、銀だこへ♪


あのカリッとした食感が大好きでっヾ(≧▽≦)

やけどしそうになりながら食べるたこ焼きがたまらない~っ♪♪



お店も空いていたので、イートインで店員さんを待つ。




・・・・・待つ。





・・・・・・・・待つ。。。





・・・・・・・・・・・呼んでみた。





・・・・・・・なかなか来ない・・・・





・・・・・もういいや(泣)




結局10分近く待ったんだけど来ないので、退散。



他のお店で食べて、映画館へ入りました。



何が言いたかったかっていうと、接客ね。

お客さんって、『たまたま入った人』と『そのお店またはブランドのファン』の2種類があると思う。


今回のまゆまゆは後者。


でも、歌舞伎町のお店にはきっともう行かないな。

印象が悪すぎた(^^;



入った瞬間に、大丈夫ですか?って聞いたの。

そしたらバイトだろうけど、店員さんがこちらも見ずに「好きな席にどーぞ」って。


すごくぶっきらぼうな感じで。



まぁ、その時はそんなものかと思ったんだけど、呼んでもこないし、何しろ忙しそうではない。

バイト仲間との話に花が咲いていたようで(´・ω・`)


自分たちが楽しい>お客さん


これで成り立つ商売はほとんどないでしょうね。



わかってはいたことだけど、改めて勉強になった。


『商売をしたいならファンを逃がすな』


逆を言えば、自分やブランドのファンを作ったもの勝ちなんですね~(^^)


簡単そうで難しい!?


このまま、精進し続けるぞ~!!


ちなみに本日、22時くらいからNHKのどこかに出演してます♪♪


では、まゆまゆでした~っ(^^)

posted by まゆまゆ at 21:10| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

今日の映画

おはようございます!
まゆまゆです。

世間ではインフルエンザが流行っていますね。

そういうまゆまゆも、風邪ひきました(ノД`)
幸いインフルエンザではありません。

まだ、声がおかしいくらいなので、悪化させないうちに治すつもりです。

みなさん、風邪ひいていませんか?
空気も乾燥しているので、くれぐれもお気をつけくださいm(_ _)m

さて、今日の映画は世界の黒澤明監督の一本。
「赤ひげ」

ちなみにこのブログで綴ってる映画の感想とか見方につい。
これはあくまでも、まゆまゆの個人的な主観ですので誤解のなきようにお願いしますね。

赤ひげ。貧しい人は医療を受けられない時代、貧しい人からは治療費は取らず、お金持ちからはしっかりお金を取る。
ざっくり説明すれば「命」の大切さを描いた作品なのかな?

まゆまゆが感じたのは、「人との向き合い方」でしょうか。
赤ひげは損得勘定で医者をしているわけではない。
無口で、ほとんど言葉で何かを説明する人ではないが、患者や弟子(というか診療所のスタッフ)からは絶大な信頼を受けている。
何故なのか?
寡黙な上にやや強面な赤ひげだけど、患者に接する姿勢はまるで仏のよう。
それもあくまで姿勢であって、言葉で何か説明するわけではない。

人としてカッコいい!
個人的には、遊郭で乱闘するシーンが好きです。
とてもユーモラスなシーンでした(*^^*)

あとは長回しで撮られたシーンがありましたが、あれは圧巻です。

黒澤映画には長回しで撮られたシーンが多く存在しますが、この赤ひげの約8分の長回しはもはや伝説と言っても過言ではないでしょう。

主人公の保本お嬢さんと呼ばれるある患者。
とにかくすごい迫力というか、気迫!

観たことのない方には是非観てもらいたい!

これからも、こんな映画が増えていったら素晴らしいな。
そして、そんな映画に出たい、まゆまゆなのでした( ´艸`)
posted by まゆまゆ at 08:16| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

実在した外交官 杉原千畝

先日、公開終了間際に滑り込みで観てきました。
主演の唐沢寿明さんもさることながら、まゆまゆが一番印象に残っているのは、冒頭の外国人の一言でした。

「私達は彼のことを一生忘れない。なのに日本は彼のことを忘れてしまったというのか」

最後まで観ると、この言葉の重さがわかりますが、冒頭では何となくの雰囲気しかわからないシーンでした。

ですが、何て言うんですかね、何か感じるところがあって気がついたら涙が流れていました。

始まって僅か数分で、話の流れもわからないのに(^^;)

ストーリーは、テレビの予告などで流れていたので何となく想像はできていましたが、実際、見終わってから感じたことは『自分が信じる道を行けば、どんな結果になっても後悔はしない』ということですね。

実際、ストーリー中の杉原氏は自分の思いと国の指示の間のズレに対して、どうするのか、決断までには苦悩する様子が描かれています。

結果、外交官としての自分ではなく、1人の人間としての自分の声に従うことにする。
その結果、当時の日本政府の対応はとても冷徹なものでした。

しかし、時を経て時代が変わったとき、杉原氏の行動は評価されることとなる。

彼の取った行動は変わらないのに、評価が変わった。
それは、時代が変わったから。

時代によって変化する評価なら、何でも自分の心のままに進んだ方が良いに決まってる。

これは何事にも共通する事だと思います。

自分が生活する中で何かに迷ったとき、耳を傾けるべきは他人の声ではない。
もちろん、何かの専門分野のエキスパートの声であれば参考にはなるでしょう。
しかし、最後に自分の心の声に耳を傾けてみてください。

そうすれば、おのずと進むべき道が見えてくるでしょう。
そんなことを感じさせる映画でした。

ちなみに、彼の英断によって救われた人たちは当時で数千人、現在は数万人になっています。

最初の一歩がどれだけ重みを持っているのか、決断することと、踏み出すことの大切さも感じられるでしょう。

今、何かを決断したいけど決断しきれない方には、是非、観てもらいたい映画です。
ラベル:映画 実話 真実 歴史
posted by まゆまゆ at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする