2020年07月21日

チョコレートドーナツ

おはようございます!
まゆまゆです(*^^*)



今日のタイトルは、先日見た作品。

まゆまゆ的には

「家族って、血の繋がりって何??」と思った作品でした。



ゲイのカップルがダウン症の男の子を養子に迎えようと奮闘する



世間の冷たさ

偏見の目

差別

薬物中毒





様々な障害や困難がある中で
それでも「子供を愛する」ことに資格って必要なの??


事実をもとにした作品だそうです。




とても切なくてやるせない気持ちになった。



実の母親はクスリ漬けで育児放棄状態、逮捕


子供をひきとろうとするカップルを邪魔するために

検察は子供を育てる気のない母親と司法取引してカップルを邪魔



その結末は・・・・・見てみてほしい作品です。



障害を持っているって大変だと思う。

その気持ちはまゆまゆにはわからないけど、
でも、時々、接することがあった。


とても純粋な心を持っているんですよね、みんな。


人を疑うことをしない。

いや、知らないのかもしれない。


だから、守ってあげないといけないのに・・・・・



世の中にはそんな彼らを騙そうとする人も少なくなく

この作品の母親のように育児を放棄する人もいるかもしれない



現実は過酷なものだから。


それでも、愛情をもって育てている親だってたくさんいる


育てられないと思ったのなら、覚悟を決めて施設に預けるのも一つだと思う。


冷たいとか、そんなことするなっていう意見もあると思うけど

放棄するよりよほどいいと思う。



もしかしたら引き取ってくれる人だっているかもしれない。


その命を失くしてしまうより
よほど救いがあるとまゆまゆは思う。



この作品をきっかけに

少しでも偏見や差別がなくなりますように。


そんなことを感じたまゆまゆなのでした。



では、今日もあなたにとって素敵な一日でありますように♪

まゆまゆでした~っ(≧▽≦)
posted by まゆまゆ at 08:48| 東京 🌁| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください